ネットを眺めていて、たまに目にする「修羅場系」のハナシ。

 

「(女性と)遊びたいから、婚活パーティに参加する」と、

罪の意識なく自慢する男性や「ダンナ」のエピソードや

他に女を作る(浮気・不倫)のが男性の甲斐性」と言わんばかりに

婚活パーティを利用するのも珍しくない、という内容。

 

コレはこれで、ある意味「詐欺」ではありますが。

 

このハナシの信憑性は横に置いたとしましょう。

 

婚活パーティも、運営側やその趣旨によって様々なケースがあり

条件によっては男性女性関係なく身分証明や

収入証明提示必須のパーティもある一方で

「婚活パーティ」という名の、単なる「合コン」もあり

詐欺ろうと思えば詐欺れる可能性もゼロではない事実。

 

真面目に婚活パーティに参加している女性からすると

シャレにならない事実が横たわっています。

 

火のないところに煙は立たず、ではないですが

少しでもリスク回避は行いたいですよね?

 

なので、婚活パーティに既婚者男性が紛れ込んでいる事実があるのか?

最悪ケースとして「結婚詐欺」も発生しているのか?

 

婚活パーティで詐欺る男性の見分け方や、

詐欺る男性を避ける事が可能なアイテム等をまとめました。


▼おすすめ婚活・恋活サイト▼


 

婚活パーティーで詐欺をする男性の見分け方1

●金銭周りのハナシに敏感


参照元:https://www.pakutaso.com/

何気ない会話で、婚活パーティで知り合ったばっかりの男性で

以下のハナシが始まればまちがいなくイエローカードです。

貯金や収入(給料)の確認。

資産(遺産)状況の確認。

・(あなたの)借金の有無。

借金のハナシを持ち込む(纏まったお金の場合もあれば、少額の場合もある)。

 

増してや婚活パーティでの場で、

いきなり金銭関係のハナシはレッドカードでしょう。

 

婚活とはいえ、結婚前提で付き合っているとはいえ

お互いの事をよく知る段階のハズが、

会う回数が少ない段階で、

いきなり「金銭周り」のハナシは言語道断です。

※敢えて言うなら、

良く知ってもらう・生活力がある・経済力がある云々と

いった意味であなたの仕事(=収入)を問うのは普通にありだと考えます。

 

貯金や、あなたの(実家の)資産状況の確認など

婚活においては直接関係ないハナシです。

※関わるとすれば、結婚後でしょう。

 

 

 

婚活パーティーで詐欺をする男性の見分け方2

●金銭関連の証拠を残さない


参照元:https://www.pakutaso.com/

上記の項目の続き、のような流れですが、

婚活パーティで知り合い、

数回デートした段階で詐欺師は少額の借金をあなたに

申込み「お金の貸し借り」をしやすい、

親密な空気を作ろうとします。

 

ここで警戒する女性も多いですが

人間の性格は10人十色、少額借金ゆえに遂お金を貸す女性もいるでしょう。

少額借金ゆえに、詐欺師からすぐに現金で返済があるなど

高額借金する前の「信用」を作る事もあるかもしれません。

 

そこで詐欺師から「現金での受け渡し」を希望したら?

まずその人を詐欺師と疑ってみて間違いありません。

 

詐欺師と疑ってみて間違い無い理由、ですが、

お金の流れがわかる「証拠」を残したくないから、の一択です。

「顔を見てのお金のやり取りの方が、真実味がある」など

詐欺師は意味不明な言い訳もするかもしれません。

 

婚活パーティ後の金銭関係のハナシは本当に警戒しましょう。

 

仮に借金を申し込まれた場合は、即座に断るか

断り難かったら、返事はすぐにせずに然るべき人や場所に相談しましょう。

 

万が一、お金を貸すことになったとして、

ATMでの振込の有無などを確認してみましょう。

 

 

 

婚活パーティーで詐欺をする男性の見分け方3

●相手側の知人や両親との話は自分からしない


参照元:http://www.valleybuildersannarbor.com/

相手側の知人、特に親戚関係や学生からの友達、

何といっても相手の親や兄弟と会ったことがありますか?

婚活パーティで知り合った人について、

冷静に見つめなおしても良いかもしれません。

 

嘘をついている場合もありますが

肉親や親戚関係のハナシはもう少し仲良くなってから」と

有耶無耶にしたり先延ばしする可能性もあります。

 

また相手側の「知人や会社の同僚」を紹介される場合もありますが

「知人や会社の同僚」と共謀の結婚詐欺も否定できないので

注意が必要です。

その場合は一応「名刺」を貰っていけばいいかもしれません。

 

学生時代の友達」だと、

直接学校に問い合わせるなど裏を取る方法があるので、

少し状況が変わりますが。

 

ですので、相手側から

肉親や親戚関係のハナシをするのは殆ど無いでしょう。

 

 

 

婚活パーティーで詐欺をする男性の見分け方4

●話の内容が破綻している

参照元:http://www.irasutoya.com/

その目的さえ得られればいいので

婚活パーティでのあなたとの会話ひとつとっても、

前後の流れ等頭になく

話の内容が食い違っている事が多々あったりします。

 

また、嘘を誤魔化すために更なる嘘をつき、

結果的に「話の内容が破綻

話がかみ合っていない

話そのものが間違っている」事も

珍しくはありません。

 

つまり、(詐欺師は)あなたとの会話を聞き流しており

気に留めていないから話の内容が食い違っている」のです。

 

もしかしたら、婚活パーティの場での

(フリータイムでの)会話の内容も違和感ありの可能性があります。

 

もし、すでに付き合っているなら、

会話内容等を思い返しても良いかもしれません。

 

 

 

婚活パーティーで詐欺をする男性の見分け方5

●一緒の写真を撮ろうとしない

参照元:http://illpop.com/

詐欺師を追い込む有効アイテムでもある数々の「証拠」。

 

この証拠については、

詐欺師側も不利になるのを承知しており

全くと言っていいほどに、

あなたと一緒に写真に写ろうとはしません。

 

一緒に居るという痕跡を極力なくそうとします。

 

下手をすれば婚活パーティ時の集合写真ですら、

写ろうとしないのかもしれません。

 

元々写真嫌いという可能性もありますが、殆どの場合

写真嫌いを貫き通す=子供っぽくみられるイメージを極力避けるので

写真嫌いな男性でも、集合写真は収まる傾向にあります。

 

未だにあなたと一緒に写っている写真が無い場合、

一緒にいる写真を撮りたがらない場合は、

まず詐欺師を疑ってみても良いのではないでしょうか?

 


▼おすすめ婚活・恋活サイト▼


 

婚活パーティーで詐欺師を寄せ付けないアイテムは?

詐欺師を寄せ付けないと言うよりは、

自衛のためのアイテムに近いでしょう。

 

いずれも、何らかの形で後日会うときに持参すれば

対詐欺師をはおろかトラブル回避にもなるのは間違いありません。

 

婚活パーティーで詐欺師を寄せ付けないアイテム1

●ラミネーター(独身証明書を保存する意味で)

あなたが常に持参するのもちろんOKですが、

相手男性側の「『独身証明書を見せてもらう」が正しいでしょう。

 

おそらく婚活パーティ時に持参している等は考えにくいので

後日見せて貰えればBESTでしょう。

 

※ほとんどの場合

「婚活パーティ参加申込む際に必要書類として提出」

が多いですが

婚活パーティ当日現地会場で申込む際に

「独身証明書」提示するケースも。

 

あなた自身の持参用にラミネート加工、

もしくはクリアファイルに入れるなど用意すれば

求められばすぐに提示することができます。

 

上記のラミネーターは家庭で手軽にラミネート加工できる代物。

 

オフィス機器っぽくないデザインも◎

値段も数千円と良い意味で破格です。

 

A4サイズまで加工可能なので、

もちろん「独身証明書」もOK。

ラミネート加工しておくのも手だと考えます。

 

持参するのも大変、そもそも恥ずかしいと考える人も少なくないですが

相手男性に求める一方、あなた自身も婚活パーティ参加の際は

自衛の意味でも、独身証明書持参をおすすめします。

 

 

婚活パーティーで詐欺師を寄せ付けないアイテム2

●ICレコーダー

ズバリ、言質を取る為の録音機器です。

 

ボイスメモといった方が解り易いでしょうか?

 

(仕事がらみのセミナー等、

後にレポート作成するためにも丸々録音するなど)

仕事でも使う人も多い事でしょう。

 

そのボイスメモに特化しているので

「えっ?こんな音まで録音できるの?」レベルでクリアに収録できるはず。

 

発生してほしくは無いですが、

得てしてトラブルに巻き込まれると

口約束などは「言った言わない」の水掛け論になりがちです。

 

如何にも事務用品っぽいデザインですが

上記の写真画像はボールペン型のICレコーダーです。

 

見た目はまずICレコーダーには見えず、

何よりも荷物の邪魔にならないのがポイントです。

 

連続収録(録音)時間も1日以上。

正に婚活パーティやデート丸ごと録音可能なので、

後々に会う男性に何かしら違和を感じたら、

ICレコーダーを持参する事をおすすめします。

 

 

婚活パーティーで詐欺師を寄せ付けないアイテム3

スマホ(カメラ)

カメラがあればBESTですが、

見方を変えれば最新機種は解像度が高いのでスマホでも良いでしょう。

スマホ、なら、いまや殆どの人が所持している必須アイテム。

なせ、あえてこの項目にてご紹介しているのか?

ズバリ、写真画像が撮れるからです。

 

スマホだと、トラブルが発生した時、

以下の詐欺師の証拠(敢えてこのように記載します)」を残すことが可能です。

 

写真画像…ズバリ、詐欺師の姿が撮影可能。

動画…詐欺師の決定的瞬間を「録画」可能(短時間の場合が多いですが)。

会話内容…詐欺師との通話内容、と書けば解り易いでしょう。

通話内容も録音可能です。

 

ICレコーダーでも「録音」は可能ですが

「動画」や「写真」があれば、より説得力が増します。

 

撮影(録画・録音)するタイミングでも

・一言断りを入れて撮影(録画・録音)する

・タイミングを見て撮影(録画・録音)する

・状況によっては、詐欺師を逢う度に撮影(録画・録音)する、など

見極める必要がありますがトラブルリスク回避するには

最強最適なアイテム、と考えます。

 

上記写真画像は、ズバリ、スマホケース(スマホポーチ)です。

しかもショルダータイプであり、何といっても入れたままでスマホ操作が可能。

(いちいちポーチから出さなくても良い)

 

なので、婚活パーティ中でも

スマホの撮影(録画・録音)もさり気に操作ができるのでおすすめです。

古くて新しい、70年っぽい「フリンジ」を配したワンポイントが

目を惹きます

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

冒頭は「浮気・不倫」前提の「詐欺」前提で色々と書きましたが

一方でいわゆる「結婚詐欺(金銭をだまし取る目的)」で

婚活パーティに参加する悪質なケースの男性も増えています。

 

婚活中故のある種の「隙」を撞いてお金を純粋に詐欺る行為

言葉が乱暴ですが、

既婚男性が手っ取り早く独身女性を「食う」行為

2種類に分かれます。

 

出逢いの場を利用した最悪・卑劣行為であることは間違いなく

後者の場合(結婚のハナシや金銭トラブルが無くても)でも、

詐欺師男性と肉体関係がすでにあれば犯罪として成立します

 

なので、婚活パーティは主催者側や運営側次第では

自衛推奨の場合もある事を頭に入れた方が無難でしょう。

もちろん、トラブルが発生した場合は

主催者側や運営側にも報告は大前提です。

 

悲しいかな、婚活パーティは

既婚男性や詐欺師男性はいるモノだと思った方が良いでしょう。


▼おすすめ婚活・恋活サイト▼