祭り」といえば年中何かしら開催されますが

真っ先にイメージするのは「夏祭り」でしょう。

 

全国的に有名な祭りから、町内会開催の夏まつりまで

昔から多種多様です。

 

もちろん「祭り」は多くの人々が集まるイベントであり

ファミリー層やカップルも確かに多いですが

一方で出会いも多いのも事実

 

別の言い方をすると祭りは

ナンパイベント」の側面もあるのです。

 

いい意味でのあの非日常的な独特の雰囲気、

誰かに声を掛けたくなるのも解る気がします。

 

そこで祭りでナンパするコツ声の掛け方

失敗を無くす方法についてまとめました。

 

今度の祭りこそ絶対にナンパを成功させたいと

意気込んでいるあなたは絶賛必見ですよ!

▼コンパde恋ぷらんへはこちらから▼
公式サイト→https://www.will-gocon.net/

 

祭りでナンパをする時は可能ならば浴衣女子に注目しましょう!


参照元:https://www.pakutaso.com/

真夏に開催される「天神祭」や「祇園祭」など、

昔から長年続いている祭りですら

浴衣姿の男女は何かと目に付きます。

 

それはそれで夏の風物詩、夏の風景です。

 

遠方からの参加の場合は流石に無謀ですが

近隣からの参加であれば、

可能であれば浴衣での祭り参加をおすすめします。

 

そして、ナンパする女の子も

もちろん「浴衣女子を重点に

 

非日常的な独特の雰囲気もあり、お祭り補正もかかり

「浴衣同士」ということで親近感も湧くので、

女の子からの好印象を得ることができます。

 

浴衣女子」が好きならば、もちろん外せないでしょう。

 

また祭りの開催日にもよりますが、

浴衣ではない外出着と思われる服装スタイルの女の子は、

仕事帰りか少なからず遠方から参加している可能性があります。

 

また浴衣が嫌いな女の子も存在するので

ナンパしたい女の子への浴衣スタイルにこだわりがないなら

構わず声をかけてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

祭りでナンパをする時は屋台では女の子の隣をGETしましょう!


参照元:https://www.pakutaso.com/

今もある「ヨーヨー釣り」や「射的」

「金魚すくい」などの祭りの屋台。

 

ナンパしたい気になる女の子がその屋台で遊んでいたら、

女の子の横にポジショニングしてあなたも遊んでみましょう。

 

遊んでいる女の子の様子見ながら、

褒めてあげるなり女の子が上手いようであればご教授伺うなど

積極的に声を掛けるのです。

 

ポイントは女の子の気分を良くさせてあげること。

 

必要以上に上げるのもNGですが、

まずは気軽に会話ができる雰囲気にすることが重要ですよ。

 

このように、しつこくならない程度に声を掛けて

女の子の興味を引くことが最優先なのです。

 

 

 

祭りでナンパをする時は盆踊りには積極的に参加しましょう!


参照元:https://www.photo-ac.com/

盆踊りがあるお祭りの場合、

気になるナンパしたい女の子が盆踊りに加わっているなら

その女の子の後ろにまわり積極的に踊ってみてはいかがでしょうか。

 

盆踊りとはいえ、同じ踊りで

同じ空間と時間をシェアすることで

一体感・達成感を得ることができます。

 

よって、ナンパするどころか

お互い恋に発展する可能性もゼロではありません!

 

一通り踊った後は「楽しかったぁ〜」と、

自然に女の子に声を掛けてしまうのではないでしょうか?

 

そして「喉が渇いたでしょう?何か飲みませんか?

買いに行きますよ?」と女の子と繋ぐことも忘れずに。

 

この場合、ナンパする側も浴衣姿であるのが理想的でしょう。

 

 

 

祭りでナンパをする時は気さくに声を掛けるようにしましょう!


参照元:https://www.photo-ac.com/

祭りでお酒を提供している屋台付近は

簡単な飲食スペースが設けられている場合もあります。

 

得てしてそのような飲食スペースは

終始混んでおり相席なんてデフォルトです。

 

隣の女の子が何となく気になったら、

「あの屋台で売っているクラフトビール、旨いよね?」等と

気さくに、さり気なく声を掛けてみましょう。

 

非日常的な独特の雰囲気に後押しされ、

さり気ない会話でも祭り補正がかかり

自ずと楽しい会話に変化します。

 

しかし、注意すべきは祭りでのナンパとはいえ、

お酒は飲み過ぎないように

 

飲み過ぎると間違いなくナンパは失敗します

 

そのような意味においても、

やはりナンパする側もグループをおすすめしますよ。

 

 

 

祭りでナンパをする時は2人以上のグループに注目しましょう!


参照元:https://www.photo-ac.com/

祭りの規模やカテゴリーに関係なく、

1人で祭りに行く女の子は先ずは皆無です。

 

2人以上の友人グループで

祭りに繰り出すケースが大半です。

 

その2人以上の女の子友人グループ

声を掛けてはいかがでしょう。

 

ただ、女の子のグループの人数と

ナンパする側が同じ人数であるのが理想的ですね

 

ナンパする側の人数が多いと、

間違いなく女の子に威圧感を与え警戒されます

※ナンパ師レベルだとそれでも構わず1人でもナンパするでしょう。

 

女の子からすると友人と一緒なので安心できるため

ナンパされても冷静に対応できるのです。

 

注意しなければいけないのは

可能な限り女の子グループ全員平等に接すること。

 

友達を下げる対応をすると

その段階でシャットダウンされます。

 

また、一見女の子1人に見えても、

実は“現地で彼氏と待ち合わせ”というパターンも

充分にあり得るので、お1人様女の子へのナンパの場合は

ガチで注意が必要でしょう。

 

 

 

祭りでナンパをする時は公園で休憩中の女の子に注目しましょう!


参照元:https://www.pakutaso.com/

近くの神社で行われる祭りや

盆踊りなどに出店する屋台の場合は

臨時に設けられた休憩所(テント)内の

イスやテーブルで屋台飯などを食べることもあるでしょう。

 

会場によっては会場を離れ、

公園のベンチに座って食べることもありますよね。

 

もちろん、休憩する場合も同様で

暑さにヘタりながら飲み物片手に

休憩する女の子も目に付くでしょう。

 

気になる女の子が上記のように休憩しているなら

声を掛けるタイミングとしては絶好のチャンス!

 

「何時からここに?」「地元はこっちなの?」など

ある意味、定番で無難な切り口がおすすめであり

ナンパ初心者でも女の子に声を掛けることができるでしょう。

 

反応が良ければ、カフェなどに誘導するのも◎

 

女の子あくまで仲良くすることが大前提であり

「ヤリ目的」でのナンパは、

それこそ女の子の反応にもよりますが

基本的には避けた方が無難でしょう。

 

 

 

祭りでナンパをする時はナンパする時間帯に注意しましょう!


参照元:https://www.photo-ac.com/

祭り内容によっては時間帯によっては

参加者層が変化することもあります。

 

例えば盆踊りの場合は多くは

夕方以降の開催であり、最も祭りが盛り上がるのは

多くの場合は19:00~21:00頃でしょう。

 

様々な世代が往来するのはいうまでもありません。

 

それより早い時間帯は家族連れや子供連れが多く、

ナンパには不向きな時間帯だと考えます。

 

多くの祭りは週末に開催されることが多いですが

昔からのお祭りの場合は特定の日に開催するので

時間帯によっての観客者層の変化が顕著です。

 

祭りの規模にもよりますが、

その意味においても19:00~21:00は

若い世代が集まる時間帯と考えます。

 

その時間帯は仕事帰りに祭りに出向ける時間帯に該当するので

ナンパしやすい時間帯ともいえるのです。

 

 

 

祭りでナンパをする時は祭りの規模も考慮しましょう!


参照元:https://www.photo-ac.com/

一重に祭りといってもその規模は様々で、

日本三大祭りレベルの祭りから近所の神社の夏祭りまで

様々な地域で開催されますよね。

 

その全国的に有名なお祭りでも、

確かに日本全国からたくさんの人が集まりますが

その観覧者数が数十万人単位の祭りも普通に存在するので、

祭りの最中はナンパどころではないのは火を見るより明らか。

 

ナンパどころか単純に異動すらままならないので、

祭り会場でのナンパは諦めた方が良いでしょう。

 

一方で自治体主催の盆踊りや、町の季節ごとの祭り、

ある意味「オクトーバーフェス」的「収穫祭」が、

祭りでナンパする際において祭りの規模的におすすめです。

 

楽に移動できる適度な空間がある祭り開催会場が、

何かとナンパに都合が良いと考えますがいかがでしょうか?

 

 

 

祭りでナンパをする時は祭りの帰り際にも注意を払いましょう!


参照元:https://www.photo-ac.com/

ナンパする側が車で移動の場合は、

一時的に人口密度が高い祭り開催会場に踏み入れるよりも

祭り開催会場の外や、臨時駐車場で女の子に声を掛けるのも

ナンパする方法としては充分にありです。

 

祭りから帰路に向かおうとする女の子に

どこまで?もし同じ方向だったら送るよ?」と声をかけてみるのです。

 

ナンパされた女の子側も、人酔いで疲れたり

お酒が入っている場合もあるので、

比較的に高い確率で応じるでしょう。

 

この場合女の子側のガードが緩過ぎる気もします

ここは敢えて邪な気持ちは抑え、

女の子を送る事だけを考えることが大切です。

 

また連絡先交換も忘れず、

後日ちゃんと帰れたかどうか確認取ると

良い印象を与える事ができるでしょう。

 

もちろん、女の子を送るまで話を進める

トークスキルが必要なのはいうまでもありませんが。

 

 

 

祭りでナンパをする時は祭り会場周辺情報の把握しましょう!


参照元:https://www.photo-ac.com/

単に声を掛けるだけや一緒に祭りを楽しむだけではなくて

もちろん、その後の展開を期待してのナンパでもあるはず。

 

祭り最中の休憩なり、祭り会場から移動するなり、

ある程度会場周辺に、『どのようなスポットがあるのか?』

ということを把握しておく必要があります。

 

カフェや居酒屋などのスポットによっては

祭りの特別なスポット」になっている場合もあるので

事前に入念な調査が必要な場合もあるでしょう。

 

せっかくナンパして良い雰囲気になったのに

アフタープランで女の子を疲れさせるのは

どうしても避けたいはずです。

 

これはナンパする側のある意味

「マナー」と考えますがいかがでしょうか?

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

以上「祭りでナンパするコツや方法、

声の掛け方や失敗を無くすには?」に関しての記事でした。

 

祭りの規模はどうであれ、毎週末のように

どこかで祭りは開催されているとはいえ

必ずしも近くで開催されるとは限りません。

 

タイミングによっては個々の理由で

祭りに出向きたくても行けない人や、

最もナンパしに祭りに行くのではなく

誰かと一緒に祭りを楽しみたいと考える人も多いでしょう。

 

そのような人に提案したい新機軸な出会いが、

実は存在するのです。

 

その新機軸な出会いとは、

合コンセッティングサービスをメインとする

「合コンサイト」を利用する方法。

 

数ある「合コンサイト」でも

特に「コンパ de 恋ぷらん」が特に有名であり大人気!

 

▼コンパde恋ぷらん公式サイト▼

 

もちろん定番の合コンセッティングプランもありますが

「虎コン」「七夕deGOコン」「ランチコン」など

「コンパde恋ぷらん」独自の企画プランも設定されています。

 

一緒に祭りに行ってもらう相手を探したいなら

ぐるっとコン」プランが最適ではないでしょうか?

 

会員登録は無料で、1人でも参加できるプランもあり

「合コンしたい!」と思った時にすぐにチェックでき利用できる

気軽さも「コンパ de 恋ぷらん」の特徴のひとつです。

 

それこそ今度の祭りに一緒に行ってもらう相手探しに

一度「コンパ de 恋ぷらん」を利用してみてはいかがでしょうか。