一生添い遂げることを誓います!」と

高らかに宣言しつつ結婚したにも拘らず

元は他人故に長年連れ添うと

飽きた状態になる夫婦関係。

 

しかし、嫁(妻)にしても旦那(夫)にしても

夫婦の数だけ様々な夫婦の「事情」があるらしく

長く連れ添えば連れ添うほど、

意図しなかった解れも生じるようです。

 

夫婦関係に「慣れ」が出てしまい

その慣れが当たり前になり「飽きた状態になる」のです。

 

お互い、ちゃんと相手のことを見ていれば

決して飽きた状態になることはないのですが

どうも人っていうのは楽な方へ流される生き物のようです。

 

しかし、あなたの嫁(妻)が飽きた場合はどうなのでしょうか

 

そこで嫁(妻)に飽きた時の対処、

または飽きた状態になる理由や離婚したい時について

まとめました。

 

現在、ガチで夫婦倦怠期で悩んでいる旦那(夫)は必見ですよ。

▼コンパde恋ぷらんへはこちらから▼
公式サイト→https://www.will-gocon.net/

 

嫁(妻)が飽きる理由って?

嫁(妻)が飽きた状態になる理由といっても

夫婦の数だけ、嫁(妻)の数だけ様々な理由が存在します。

 

嫁(妻)の気持ちに胡坐を掻いていないかどうか

改めて思い返してみてはいかがでしょう?

 

嫁(妻)が飽きるのは嫁(妻)から愛されているへの慢心!


参照元:https://www.pakutaso.com/

「何があってもコイツはオレとは別れない」

「あいつからのアプローチがきっかけだったから、

俺から離れることはない」

「オレに惚れていると昨日もいっていたから有り得ない」

しかし、何事においても絶対という言葉は有り得ないのです。

 

もし絶対という言葉が旦那(夫)の口から

何度も出るようであれば、

それは全くの傲慢以外に何物でもありません

 

旦那(夫)を愛していても、思いやりを抱いていても

人の気持ちや感情は常に動きます、動くモノなのです。

 

オレは嫁(妻)から愛されている」と

嫁(妻)の愛情に胡坐を掻いた態度を旦那(夫)にされ続けたら

さすがに旦那(夫)に対して嫁(妻)が飽きた状態になってしまい、

愛想を尽かすのです。

 

 

嫁(妻)が飽きるのは日常が退屈だから!


参照元:https://www.pakutaso.com/

同じことの繰り返し」だから

飽きた状態になるという考え方です。

 

同じことの繰り返しが、

実は生活が安定しているのを意味しているのですが

「つまらない」という感情が勝ってしまうことで

嫁(妻)が飽きた状態になるのです。

 

元々嫁(妻)の性格や思考が

変化がない生活が耐えられない可能性も否定できませんが

ある意味子供っぽいともいえます。

 

しかし、刺激のある生活も早々続くものではなく

仮に続いていたとしても、

より精神的に疲弊するのは目に見えています。

 

安定している日々があるからこそ

刺激的な日々が際立つものなのです。

 

かといって刺激的な日々も、

やり過ぎると毒にしかなりません。

 

 

嫁(妻)が飽きるのはイベントに無関心!


参照元:https://www.photo-ac.com/

お互いの誕生日や結婚記念日、

またはクリスマスやバレンタインなどのイベント、

子供が生まれていることや、親戚付き合いがある場合は

運動会などのイベントにも全く関心がない

関心を示そうともしない生活も、

嫁(妻)が飽きた状態になる要因になります。

 

またイベントの何もかもを否定するような旦那(夫)のタイプ

これはこれで考えにくいですが

イベントに興味が薄いタイプの旦那(夫)は普通に存在します。

 

考え方によっては「面倒臭がりな旦那(夫)」とも

云えるかもしれません。

 

嫁(妻)に限らず、女性というものは

何かしらイベントは重要視する生き物。

 

それでも、さすがに一定年齢越えると

自身の誕生日は祝ってほしくない!

いう嫁(妻)もいるかと考えます。

 

ですが、それでも結婚記念日や家族の誕生日などは

重要視するはずです。

 

それらのイベントをスルーされると

「つまんない!」と感じはじめ、

次第に旦那(夫)に飽きた状態になるという流れになるのです。

 

 

嫁(妻)が飽きるのは実は旦那(夫)を未だよく把握していない!


参照元:https://www.photo-ac.com/

先で述べた「イベントの無関心」は

旦那(夫)の面倒臭い面をついた話ですが

旦那(夫)を良く見ていない嫁(妻)というのは、

嫁(妻)が面倒臭いと常に感じている面といえます。

 

旦那(夫)を良く見ていないというのは、

つまり嫁(妻)は旦那(夫)への興味が

消えている状態ともいえるでしょう。

 

嫁(妻)は旦那(夫)の仕事内容や交友関係、

親戚関係など把握しているのでしょうか?

 

特に旦那(夫)の親戚関係などに挨拶を含めた

親戚付き合いなど把握しているのでしょうか?

 

付き合いがある親戚の範囲にも寄りますが

把握していたら飽きた状態になる暇がないという

解釈も有り得ます。

 

結婚してから、いや、婚約中の時点から

旦那(夫)のことをどれだけ把握しているかにつきます。

 

旦那(夫)のことをちゃんと把握していないから

面白みを感じなくなり、飽きた状態になるという

負のスパイラルに陥ってしまうことも考えられるのです。

 

 

嫁(妻)が飽きるのは旦那(夫)がいつまでも子供のため!


参照元:https://www.photo-ac.com/

いつまでも旦那(夫)がオレ様気質であり、

自身周辺のことすらしないスタンスの旦那(夫)なら

嫁(妻)が飽きた状態になるのも時間の問題です。

 

新婚当初は必至で旦那(夫)の世話をしていた嫁(妻)でも

旦那(夫)がいつまでも、子供の如くオレ様気質でいると、

流石に学習能力がないと判断され、

旦那(夫)に飽きてしまうでしょう。

 

あくまで嫁(妻)が産んだ子供だから育てるのであって

旦那(夫)を育てるのは全くの範疇外、と

考える嫁(妻)も多いのです。

 

旦那(夫)に求めているのは「頼れる大黒柱」であり

「人生のパートナー」であり「理解ある伴侶」であり

決して「大きな子供」ではないのです。

 

旦那(夫)がいつまでも子供のままだと、

嫁(妻)が飽きたのも時間の問題でしょう。

 

 

 

嫁(妻)が飽きた時の対処方法って?

嫁(妻)に飽きたと感じた時、まずは何をするのか?

 

多くの場合は嫁(妻)が飽きた状態を

避けようとしますよね。

 

また嫁(妻)側も敏感に旦那(夫)の反応を感じ取り

飽きないように努力するようになるのです。

 

嫁(妻)が飽きた時は離婚する!


参照元:https://www.photo-ac.com/

ズバリ「結婚生活に飽きた」がかなり深刻な理由であるなら

離婚もやむなしでしょう。

 

しかし深刻な「結婚生活に飽きた」状態であれば、

そこまでに至る過程で回避に動くなり、

話し合いするなり、「結婚生活に飽きた」状態を

変えるためにいろいろと策を講じるはず。

 

いきなりの離婚となると、

全く別の理由が潜んでいる可能性もあります。

 

それに何事においても「離婚は最終手段であり

時間がかかる可能性もありますが

やろうと思ったらいつでも可能なのも離婚なのです。

 

「浮気や不倫」の可能性もあり

「借金」の可能性も否定できません。

 

欠片でもその可能性があるなら

まずは証拠収集することをおすすめしますよ。

 

 

嫁(妻)が飽きた時は程良い距離感を置く!


参照元:https://www.photo-ac.com/

夫婦だから常に一緒に行動する、

プライベートも常に一緒に行動する状態なら

其々のタイプによっては飽きたことも考えられます。

 

お互い正社員で働いていたら?

就業パターンも休日もほぼ同じだったら、

抑揚のない生活パターンや生活リズムになりがちです。

※この抑揚のない生活パターンや生活リズムが

良いという考え方もあります。

 

極論ですが、嫁(妻)がパート勤めだった場合

敢えてシフト制に変えることが可能であれば

在宅でできる仕事に転職する、など

生活基盤そのものを変えてみるのです!

 

正社員で就業している場合、

いきなりの転職はこのご時世なかなか難しいですが

それでも他の理由等で転職を考えていた場合は

いい機会かもしれませんね。

 

正社員については旦那(夫)にもいえる事象であり、

主な世帯収入を担っているなら尚更転職は難しいでしょう。

 

子供がいる場合は不可能ですが、子供がいない場合は

敢えて旦那(夫)と微妙にズレている生活リズムや

生活パターンにするのです。

 

夫婦間のコミュニケーションをとる時間を制限することで

時間の使い方の強弱がつき、

夫婦間に程よい距離感が生まれます。

 

いわゆるつかず離れず状態にすることで

新鮮な気持ちで相手を見ることができます。

 

ポイントは完全にズレている状態にしないこと

 

完全にズレてしまうと最低限なコミュニケーションすらも

取れなくなってしまいます。

 

いわゆる完全に「すれ違いや行き違い」になることも多く、

最悪離婚に走ってしまう可能性も否定できません。

 

 

嫁(妻)が飽きた時はイメージチェンジする!


参照元:https://www.photo-ac.com/

いきなりですが思い切って、

イメージチェンジしてはいかがでしょう?

 

例えば服装スタイルを変える、ヘアスタイルを変える

嫁(妻)はメイク方法を変えたり、ネイルをはじめたりするなど

嫁(妻)に提案してみたり、旦那(夫)もスキンケアや

ヘアケアに努める、それだけでも充分イメージチェンジになります。

 

更に突き詰めるとダイエットはじめたり、

身体を鍛えたりするなど

自身の身体に良いことをはじめたり

週末夫婦で料理するなど…些細なことやできる範囲で

イメージチェンジをするのです。

 

見た目のイメージチェンジに始まり

健康的なことや生活デザイン、

更には趣味の領域までイメージチェンジの幅が広がり

気がつけば「あれ?なぜあの時飽きたと思っていたの?」と

思い返すことでしょう。

 

イメージチェンジすることで、

環境を変える行為が楽しくなり、新規な気持ちが得られるので

「飽きる気持ち」をいつの間にか忘れてしまうのです。

 

 

嫁(妻)が飽きた時はパワースポットに出向く!


参照元:https://www.photo-ac.com/

上記の「イメージチェンジ」と少々かぶります。

 

少々オカルティックな話になりますが、

お寺や神社や遺跡、場合によっては景勝地など、

いわゆる「パワースポット」に出向くのも、

ある意味イメージチェンジに繋がると考えます。

 

見えざるものの存在」に畏怖を感じたり敬意を示したり、

見えざるものの力」に触れる(気になった)ことで

これまでの自身の行動や考えを冷静に見ることができたり

判断できるようになり気がつけば

考え方から変わっていたということになるのです。

 

見えざるものの存在や力を本当に信じるかどうかは、

個々の自由です。

 

ですが、それでも各種パワースポットのような

非日常的で神聖な場所や空気に触れる行為は

そのまま気持ちのイメージチェンジと同義です。

 

嫁(妻)が夫婦生活に飽きそうだな、と感じたら

近くの寺社神社仏閣でも良いので夫婦揃って

パワースポットに出向いてはいかがでしょうか?

 

 

嫁(妻)が飽きた時は他に出会いを求める!

「嫁(妻)が飽きた時は他に出会いを求める」と書けば

「不倫や浮気幇助?!」にも解釈されがちですが、

「出会い」そのものも様々な解釈がされる、

考察の幅が広い「言葉」。

 

交際相手ではなく「友人」を見つけるために

「出会い」を求めるのもありと考えます。

 

しかし一般的に「出会い」と聞くと

男女の関係や交際」をイメージし、

ましてや既婚者の「出会い」だと真っ先に

不倫や浮気」の文字が頭に浮かびます。

 

あらぬトラブルを起こさないために

一旦別れてから他に出会いを求めることをおすすめしますよ。

 

いきなりですが、そこで提案したいのが

コンパ de 恋ぷらん」サイト。

 

▼コンパde恋ぷらん公式サイト▼

合コンならコンパde恋ぷらん

 

合コン希望の男女と時間と場所をセッティングする

サービスを提供する「合コンサイト」です。

 

ネット絡みなので「出会い系」と混同されそうですが

コンパ de 恋ぷらん」をはじめとした

合コンサイトのコンセプトは

あくまで「合コンセッティング」なのです。

 

あくまで「合コン」目的であり

その先にある恋活や婚活は合コン参加者の意向次第であり

純粋に「合コン(飲み会)」したいから

コンパ de 恋ぷらんを利用しているユーザーもいます。

 

会員登録すれば誰でも利用可能ですが

会員登録は独身者のみである点がポイントでしょう。

 

出会いは、基本的には誰の身にもあって然るべきですが

それは、ルールに乗っ取ったものであるのが前提です。

 

▼コンパde恋ぷらん公式サイト▼

 

嫁(妻)が飽きた時は他に出会いを求めるの「他に」を

コンパ de 恋ぷらん」にしたい場合は、

一旦婚姻関係を解消してからの利用をおすすめしますが

いかがでしょうか?

 

 

この記事を読んだ方からは

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

以上「嫁(妻)に飽きた時の対処方法!

飽きる理由や離婚したい時には?」についてでした。

 

結婚してから時間が経ったとしても

それでも嫁(妻)が飽きたのなら、

元々結婚に向いていなかった相性の可能性が

表面化した可能性があります。

 

しかし、すぐに結びつけるのも短絡過ぎるでしょう。

 

なぜ「嫁(妻)に飽きた」のか?「嫁(妻)が飽きた」のか?

決断する前に、まずはお互いの目を見て

改めて話し合うべきと考えますがいかがでしょうか?